診療内容

CT検査

来院されたその日に撮影が可能です。

椅子に座ったまま簡単に撮影が出来る耳鼻咽喉科用CTを導入しています。
来院されたその日に撮影が可能です。CT撮影のために病院に行く時間と手間を省くことができます。
耳や鼻といった細かい骨の抽出に非常にすぐれ、数十ミクロンという細かい情報を得ることができます。
特に、慢性副鼻腔炎、歯性上顎洞炎、副鼻腔真菌症、副鼻腔癌、慢性中耳炎、中耳真珠腫などの診断に有用な検査です。

検査の特徴

被爆量が少ない検査
一般的なCTと被ばく線量をCTD/w値で比較すると実効線量は7分の1以下※です。
※株式会社モリタ製作所実測値に基づく
撮影時間は約20秒
椅子に座っていただき、実撮影時間は約20秒です。その場ですぐに診断が可能であり、患者さんの貴重な時間負担の軽減を目指した診断システムです。
高解像な画像が得られ、正確な診断につながる
一般的なCTと比べ、歪みのない超高解像度の画像が取得できます。

ファイバー

鮮明な画像が得られ、
正確な診断につながります。

当院で導入しているビデオスコープは、NBI観察が可能です。NBIで病変を見ると粘膜表層の毛細血管や粘膜微細模様などが、色調の違いとして強調表示されるため、鼻副鼻腔・咽頭・喉頭の早期がんの診断が比較的容易になります。
撮影した画像をご覧いただきながら説明が可能です。

鼻咽喉ビデオスコープ

直接見えない場所も、細いスコープで観察できます。

直接見えないような鼻やのどの奥などをファイバースコープを用いることでしっかりと観察することができます。
ビデオコープは太さが直径2.6ミリと非常に細く、柔らかいので、違和感をほとんど感じずに検査を受けていただけます。

手術用顕微鏡

耳の中の処置・手術に活躍する顕微鏡

耳内を観察するための顕微鏡です。鼓膜を拡大して診察でき、鼓膜切開や鼓膜チューブ留置などで使用します。
ビデオカメラシステムを内蔵していますので、顕微鏡所見をリアルタイムにモニターでご覧頂くことができます。

インフルエンザ検査

初期段階でインフルエンザの判定ができます。

インフルエンザウイルスを検出する最新の検査機器を導入し、初期段階でインフルエンザの診断が可能です。
従来の検査方法では、ウイルスが増殖するまで、インフルエンザと判定することができませんでしたが、高感度検出技術を搭載した機器により、微量なインフルエンザウイルスを発見しやすくなりました。そのため、症状が進む前に治療が可能です。

アレルギー検査

1度の採血で39種類のアレルギーの原因が分かります。

アレルギー症状を起こしやすい39種類のアレルゲンを1度の採血で検査することができる血液検査「View39」を実施しています。
アレルゲンのスクリーニング検査として有用です。ご希望の方は、お気軽にご相談ください。

測定可能な39項目

吸入系 ・その他アレルゲン(19項目)
ヤケヒョウヒダニ、ハウスダスト1、ネコ皮屑、イヌ皮屑、ガ、ゴキブリ、スギ、ヒノキ、ハンノキ(属)、シラカンバ(属)、カモガヤ、オオアワガエリ、ブタクサ、ヨモギ、アルテルナリア(ススカビ)、アスペルギルス(コウジカビ)、カンジダ、マラセチア(属)、ラテックス
食物系アレルゲン(20項目)
卵白、オボムコイド、ミルク、小麦、ピーナッツ、大豆、米、ゴマ、ソバ、エビ、カニ、キウイ、リンゴ、バナナ、マグロ、サケ、サバ、牛肉、鶏肉、豚肉

20分で分かるアレルギー検査(8項目)

ご来院当日に結果が分かる検査です。
小さなお子様でも痛がらず採血・検査が可能な検査となりますのでお気軽にご相談ください。

測定可能な8項目

ヤケヒョウヒダニ、ゴキブリ、ネコ皮屑、イヌ皮屑、スギ、カモガヤ、ブタクサ、ヨモギ

聴力検査

様々な聴力疾患の診断や治療の効果測定を行います。

突発性難聴、メニエール病、加齢性難聴など、あらゆる聴力疾患に対する聴力検査を行います。
検査結果のデータは蓄積し、以前のデータと比較して確認することができます。

赤外線カメラ

眼球の動きを観察し、めまいを診断します。

めまいを自覚している方の眼球は、特徴的な動きをします。そのため、眼球の動きの観察してめまいの種類や度合を診断します。
赤外線カメラは、眼球の動きが出やすい暗所で、非常に微妙な眼球の動きも捕らえることができ、より正確なめまい診断を可能とします。

診療時間

10:00~13:00 /
15:00~18:00 / /

※休診日:木曜日、日曜・祝日

アクセス

地図

小田急線・千代田線 代々木上原駅から徒歩2分

〒151-0065
東京都渋谷区大山町46-10 J'sビル代々木大山2階

アクセス詳細はこちら